プロペシアに「副作用がない」と言われる理由

AGA治療ではプロペシアの服用が有効な手段とされています。
しかし、このプロペシアの副作用が気になり病院での治療に抵抗があるという方もいるのではないでしょうか。
しかし、このプロペシアによる副作用はほとんどないとされています。
副作用がないにもかかわらず、副作用があると信じている方も多くいます。
その理由にこのプロペシアの成分であるフィナステリドが関係しています。
フィナステリドは前立腺肥大の薬として開発されました。
前立腺肥大の薬として使用されるフィナステリドは量も多く副作用が強いとされています。
しかし、AGA治療で使用されるフィナステリドの量は前立腺肥大で使用される量と比べると少量で、前立腺肥大の治療のために服用した場合での副作用ないとされています。
しかし、ネットなどではフィナステリドの副作用だけが強調されプロペシアも副作用があると感じているようです。
また、このAGAが男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)が関係していることも副作用があると感じている理由のようです。
AGA治療ではこの男性ホルモンであるDHTを抑制するため精力減退などの副作用があると考える方もいます。
しかし、このプロペシアはDHTを直接抑制するものではありません。
このDHTは5αリダクターゼという酵素と男性ホルモンのテストステロンが結びつき作られるとされています。
このプロペシアは5αリダクターゼを抑制することでDHTも抑制しようというもので男性ホルモンを抑制するものではありません。
そのため、フィナステリドの量も少量であるプロペシアでは副作用がないという理由です。
AGAは早期の治療が大切です。
副作用が気になり治療が受けられないという方は安心して治療を受けることをお勧めします。